光の絆プロジェクト

光の絆プロジェクト

  • facebook
  • twitter
  • お問い合わせ

韓日伴走:いま、韓国の伴走がおもしろい

〇いま、韓国の伴走がおもしろい

 

韓国の伴走がおもしろい。

それは似ているようで違うから。

視覚障害者と健常者が似ているようで違うのと同じように。

 

点字を読む。超速音声で声を聞いて理解する。すこぶる記憶力がよい。

そんな能力を身に着けた視覚障害は多い。健常者と違う。

 

韓国はロープが違う。言葉や合図が違う。

等級は日本と同じ1から6等級だけれども意味が違う。

 

多様性とは違いを知ること。

純粋な好奇心をもって違いを見つけることから始まる。

 

いいとか悪いとか、 ましてや優れているとか劣っているとかではない。

韓国の伴走を知り、

あなたも多様性の面白さにはまってみては

 

韓日HOME