ハセちゃん思い出集
This is for Hasechan

ハセちゃん追悼文_元酒豪倶楽部部長_ミスター

ハセちゃんとは酒豪倶楽部で何度か一緒に飲みました。はせちゃんはビールが大好きで、というかビールを飲んでいる姿しか思い出せません。超ピッチ飲法で「おかわり」「おかわり」「おかわり」とかけつけ5杯くらいまで勢いがすさまじく、彼のデビュー戦の時、負けたと思いました。でもその後イーブン飲法のミスターが追い上げ引き分けに持ち込み会長のメンツをなんとか保ちました。
酒豪倶楽部はすでに解散し、ハセちゃんに最後に合ったのは数年前。飲むと、ハセちゃんはトレールの話をよくしていました。すごいなー、と思いました。全盲でもチャンプが富士登山を完走したことは知っています。でも、それは元パラリンピック銅メダリスト、超盲人だからできたこと。一般b組にはトレールはとても困難なことです。本人の走力はもちろん、それを支えるサポートも必要になります。
素晴らしい仲間に支えられハセちゃんはトレールを楽しんでいるものとばかり思っていました。突然の訃報に触れ言葉もありません。ご冥福をお祈りいたします。
ミスター

ハセちゃん追悼文_るうと

私が初めて伴走させてもらったのがハセちゃんでした。その後、タイミングが合わなくて伴走する機会はありませんでしたが、英会話ランチなどで何度か話すことがありました。

 

その時にハセちゃんがマラソンだけではなく、元々お好きだった山を走るトレイルランニングにも挑戦している話を興味深く聞かせてもらいました。

 

私もウルトラトレイルマウントフジに興味があったので、ハセちゃんの話に刺激を受け、出場資格を得るべく70kmのトレランレースへの出場を決意。そのゴールでは、柄にもなく涙ぐむ程の感激を味わいました。

 

ところが、そのレース後に感じたのは自分でも予想外のことでした。それはトレランレースもいいけれど、スピードに乗って走り続けることに挑むマラソンの方が自分は楽しいということでした。

 

ハセちゃんのおかげで発見できた自分のことを、次に会った時話そうと思っていたのですが…

 

私はこれからもマラソンの自己ベスト更新を目指して走り続けます!

はせちゃん、ありがとう!(ひとじぃ)

天国のはせちゃんへ(英会話ランチを中心に)

 

天国では、もう走りはじめましたか?お酒は、飲み始めましたか?英会話力は役に立っていますか?

いつも力強く、何事にも前向きなはせちゃんだから、すでに一歩を踏み出したことと思います。

 

私にとってのはせちゃんは、いつもリズと一緒、英会話ランチでは長い時間をご一緒させていただきました。そして、英会話ランチの合間合間に、いつもリズご自慢のはせちゃんでした。

努力家、勉強家、料理やゴミ捨てもしてくれるやさしいはせちゃん、板橋駅のベンチで寝ていた、お酒大好き、おおらかなはせちゃん、いつも、リズのおのろけは尽きませんでした。

英会話ランチは、2013年のばんばん夏の合宿で大御所から提案があり、その場にいた、はせちゃん、リズ、ヤンやん、私などで、話がまとまり、スタートしました。2年間、ほぼ毎月行われました。毎回、リズが会話テーマを決め、リズ、トニー、りゅうちゃんが先生となり、1回あたり、10人から20人が参加しました。そう考えると延べ300人くらいが参加したことになります。場所は、竹下通りのブルーガーデン、リズお気にいりの広島風お好み焼きのうさぎが中心でした。英会話ランチでのはせちゃんは、ちょっとシャイなところを見せ、おとなしくまじめに取り組んでいた感じです。リズが、はせちゃんに英会話

が上手になってほしいという思いがたくさん詰まった会でもあったとおもいます。

 

登山、トレイルラン、海外マラソンなど、はせちゃんとリズは、誰もかなわないくらい、たくさんの濃密な時間を過ごされましたね!そして、病気療養中も、病気克服という山の頂上を目指して、二人でご一緒に戦っておられましたね。はせちゃんは、本当に幸せ者でしたね!

はせちゃんは、その生き様で、素晴らしいはせちゃん魂を見せてくれました。それは、私たちの胸にしっかり、生き続けます。また、リズを通して、はせちゃんをいつまでも身近に感じていくことができます。

はせちゃん、たくさんの勇気をありがとうございます。どうぞ安心して、天国から見守っていてください。