ハセちゃん思い出集
This is for Hasechan

リズさんへ_ヨシちゃん

リズさんへ

まずはハセちゃんの訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。彼(ハセちゃん)の訃報を初めて耳にした時は、ヨシちゃんも驚きと悲しみがいっぱいでした…。ハセちゃんとはヨシちゃんが4年前に川の道フットレース大会に出場した時、ハセちゃんは応援として来て下さったので、大変お世話になって頂きました。川の道メンバーたちの応援ランもご一緒にしたり、マッサージなども一生懸命やって頂いたり、「ガンバレ!!」と熱く握手を交したこともあって…本当にとても励みになったのを今でも覚えています。当時を思い出すと…ああ、懐かしく思い出されますね。ハセちゃんの笑顔も忘れません。4年前、川の道フットレース後半255Kmの部、長野県小諸グランドキャッスルホテル前スタートから鹿渡館まで ハセちゃん&リズ夫婦が応援ランとして一緒に頑張ってくれたので、本当に感謝、感謝でした。。。

 

小諸グランドキャッスルホテル前スタート過ぎ辺りで途中交代し、長野市善光寺までリズが伴走として一緒に真夜中の中を走りました。

 

ヨシちゃんの腰が少し痛めてしまい、ハセちゃんにマッサージを二回ほどやってもらいました。その効果もあって…マッサージのお陰で、新潟市の日本海近くのホンマ健康ランドまでやっとゴールできました。本当にありがとうございました。良き思い出でした。

 

ハセちゃんはリズさんの中で生きているだろうと思います。リズさん、彼の分もしっかり生きて頑張って下さいね。

 

そしてバンバン&アキレスでも、リズさん…またヨシちゃんの伴走として、一緒に走って下さいね。お互いに楽しんで、頑張りましょう~!!よろしくお願いします。

最後に心よりハセちゃんのご冥福をお祈りいたします。

 

盲ろう者@ヨシちゃん作

リズさんへ_あみちゃん

リズさんへ

ハセちゃんのご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。誠に痛惜の心でいっぱいです。ハセちゃんの突然の訃報を知った時は、ただ、驚いて信じられない気持ちと同時に悲しく切ない気持ちでした。リズさんのお悲しみは、どんなにお辛いことでしょうね…。胸中お察しいたします。リズさんも今はまだお辛いことと思いますが…一人で無理をされていないかととても心配しています。どうか、彼の分もしっかり生きてね。ところで、ハセちゃんとは、ヨシちゃんの川の道フットレース大会に出場した際には応援など色々大変お世話になりました。リズさん(伴走)とヨシちゃんが走ってた時、あみちゃんとハセちゃんは応援で一緒になった時、私達は向こう側へ移動しようとした時、下の段差に気付かず、私たちはおっとと・・・と転びそうになったことがあって…「あ一危なかったぁ…????!!」とぷっとお互いに笑い合ったことも今となっては懐かしい思い出の一つです…。当時を振り返ってみると、ハセちゃんの笑った顔も本当に素敵でとても優しい人でしたね。レースが無事に終えて、お疲れ様&有難うの握手を交した時のハセちゃんの大きな手のぬくもりが今でも覚えています。ハセちゃんはきっと今頃、あの世で元気で大好きなトレイルランの続きを走っていることでしょうね…。ハセちゃんの魂はリズさんの中で生きて見守ってくださっていると思いますよ…。だから、リズさんもこれからの時間を大切に趣味などとか夢中になれるものを見つけて前進していって、くれぐれもご自愛下さいね。

最後にハセちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

あみちゃんより!

ハセちゃん追悼文_やぶちゃん

ハセちゃん&リズカップル会ったのは、二人が結婚する少し前の小布施マラソンででした。さりげなくハセちゃんの世話を焼くリズ、微笑みを絶やさないでゆったり佇むハセちゃん、優しい空気に包まれたふたりを見て、巡り会うべくして会った素敵なカップルだなあと思いました。今はお別れのときだけど、ハセちゃんとリズの絆は永遠です。どうぞ安らかにお眠りください。

ハセちゃん追悼文_けいくん

けいくんです

2014年4月20日開催「第24回 かすみがうらマラソン 兼 国際盲人マラソンかすみがうら大会」レース直前にハプニングがあって、伴走のピンチヒッターで、はせちゃんのロープを握ることになりました。

サブフォー(4時間切り)狙いでしたが、かなり練習を積んでいたようで、レース序盤は三時間半を切るペースでした。

終盤はつらい表情もありましたが、3時間46分でゴール、粘りの走りに感動しました。

走った後の乾杯ビールが身に染みた、思い出に残るレースとなりました。

まだまだいろいろなレースで、一緒に走りたかったのに・・・残念です。

これからも、はせちゃんの分まで障害者とともに走り続けます。

 

合掌